ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評など、いろいろ分かりやすく。

ニコライ バーグマン 表参道 カフェ彩る花、花、花

手掛けるのはフラワーアーティスト


花々の彩りに満ちた表参道のカフェ、ニコライ バーグマン ノムに出かけます。東京メトロ表参道駅の最寄り出口から、徒歩2分くらいです。

 

ニコライ バーグマンさんはデンマーク出身のフラワーアーティスト。日本に居を構えて、国内外で10を超える店舗を展開しています。表参道(住所は南青山5丁目)のショップがフラッグシップで、東京では六本木や有楽町、新宿、東京以外では京都(フォーシーズンズホテル京都内)、神戸、福岡などに店舗があります。

f:id:katsushika-miyah:20171209201843j:plain

 

店の入り口。

f:id:katsushika-miyah:20171209204749j:plain

 

店内に入ります。コンクリート打ちっ放しの建物で、天井が高く、シンプルで無駄を排した空間です。

f:id:katsushika-miyah:20171209205445j:plain

 

店内はおよそ半分が花の販売スペース、残る半分がカフェのスペースです。花はプリザーブドフラワーと生花の両方があります。扱っている商品の数としては、プリザーブドフラワー8~9割に生花1~2割といった印象です。

f:id:katsushika-miyah:20171209210918j:plain

 

ニコライ バーグマンといえば、やはりフラワーボックス。12月ということもあって、クリスマス仕様の商品が多かったです。ここで売られているものの半分くらいがフラワーボックスです。

f:id:katsushika-miyah:20171209211302j:plain

 

赤が目に鮮やかです。

f:id:katsushika-miyah:20171209211526j:plain

 

プリザーブドフラワーの値段は大きさによりますが、8,000円~30,000円くらい。120,000円という高額のものもありました。

f:id:katsushika-miyah:20171209223433j:plain

 

白い花を基調としたもの。

f:id:katsushika-miyah:20171209224344j:plain

 

色の配置、組み合わせが絶妙です。

f:id:katsushika-miyah:20171209224520j:plain

 

ボックス部分は黒一色で、nicolai bergmannの文字が入ったシンプルなつくり。ゆえに、花が引き立ちます。

f:id:katsushika-miyah:20171209225920j:plain

 

切り株に花が盛られたものは110,000円。

f:id:katsushika-miyah:20171209231359j:plain

 

花を使わない緑を中心としたもの。松ぼっくりがアクセントで利いています。

f:id:katsushika-miyah:20171209231647j:plain

 

こちらは生花のフラワーボックス。やはり、プリザーブドフラワーより色が鮮明で、価格は安めです。

f:id:katsushika-miyah:20171209232106j:plain

 

こちらは白の花が中心の生花のボックス。

f:id:katsushika-miyah:20171209232840j:plain

 

ニコライ バーグマンさんの作品を写したポストカードも売られています。

f:id:katsushika-miyah:20171209211223j:plain

 

カウンターでは、スタッフが箱に生花を詰めています。

f:id:katsushika-miyah:20171209233559j:plain

 

美しき花のテーブル


ここからカフェスペースの話です。
われわれが訪れたのは、土曜の14時ごろ。満席だったので、店員さんに名前を伝えて、待ちました。待ちに入る際は、花が埋め込まれているテーブルか、普通のテーブルか、どちらがいいか聞かれます。われわれは花のテーブルを希望しました。店員さんに「待ち時間は30分~1時間」と言われ、実際に待ったのは30分強でした。写真の奥、壁に近い側が花のテーブルで、手前側が普通のテーブルになります。

f:id:katsushika-miyah:20171209234400j:plain

 

さて、これが花のテーブルです。草花がテーブルの全面に敷き詰められ、上から透明なガラスの板が置かれています。中身は定期的に入れ替えられているようで、これは12月ということでクリスマスバージョンということでしょう。

f:id:katsushika-miyah:20171210004039j:plain

 

別角度から。こんなテーブル、見たことがありません。

f:id:katsushika-miyah:20171210004518j:plain

 

ニコライ バーグマン ノムの席数は、食べログには27席と書かれていますが、実際はもう少し多めです。花のテーブルは2人掛けで11脚あり、これで22人。ほかに2人が座れるソファ席が1つ、8人くらいが座れるテーブル(写真手前)が1脚、屋外にもテーブルがいくつかあります。すべて合わせると、屋内だけで30~35人、屋外まで含めれば40人くらいになるのではないかと思います。

f:id:katsushika-miyah:20171210003557j:plain

 

ニコライ バーグマン ノムは、セルフサービスタイプのカフェです。店員は注文を取りに来ません。席についたら、カウンターに行きましょう。ただし、注文したものは、店員が運んできてくれます。

f:id:katsushika-miyah:20171210005244j:plain

 

カウンターの向かいに設けられた棚には、デンマークの紅茶葉A.C.パークスが置かれていました。

f:id:katsushika-miyah:20171210014308j:plain

 

A.C.パークスは北欧最古の紅茶専門店で、デンマーク王室御用達の紅茶ブランドなのだそうです。

f:id:katsushika-miyah:20171210014717j:plain

 

カウンターのケースには、チョコレートムースやフルーツタルトなどが並びます。

f:id:katsushika-miyah:20171210005831j:plain

 

ベーグル、パニーニ。

f:id:katsushika-miyah:20171210010319j:plain

 

真ん中のケースは、アップルクランブルチーズケーキ。右はドリームケーキ。ドリームケーキは、デンマークで最も有名なケーキらしく、上の層にはココナッツが入っています。その名称は、食べた人が夢見心地になることに由来するとか。

f:id:katsushika-miyah:20171210010417j:plain

 

ココナッツマカロンクランベリークッキー、チョコレートケーキなど。

f:id:katsushika-miyah:20171210010949j:plain

 

カウンターに置かれているメニュー。

f:id:katsushika-miyah:20171210011813j:plain

 

メニュー右側。

f:id:katsushika-miyah:20171210012027j:plain

 

さて、注文した品です。まずはカプチーノ。600円。ラテアートが施されています。

f:id:katsushika-miyah:20171210012420j:plain

 

オーガニックコーヒー。420円。耐熱のダブルウォールグラスで、冷めにくくなっています。

f:id:katsushika-miyah:20171210012652j:plain

 

チョコレートケーキ。600円。

f:id:katsushika-miyah:20171210013249j:plain

 

スモーブロー。1,300円。スモーブローは、デンマークのオープンサンドイッチ。デンマーク語でスモーはバター、ブローはパンを意味するそうです。スモークサーモンとタマゴが載ったもの、細かく刻んだリンゴやチキンが載ったものの2種1組で、ビネガーのドレッシングがかかったサラダも付いています。

f:id:katsushika-miyah:20171210013355j:plain

 

想像以上のフードクオリティー

 

ごちそうさまでした。ニコライ バーグマン ノムでの飲食、楽しめました。ここは、やはり美しい花をめでながら、コーヒーや軽食を味わえるのが一番いい点でしょう。客の90%が10代後半~30代前半の女子といった印象で、「かわいい」という声がそこかしこで飛び交っていました。実際にそうだと思います。

せっかく訪れたなら、花のテーブルに座られることをお勧めします。テーブルの種類を選ばない方が早く座れるでしょうが、花のテーブルはこのカフェを象徴するもののひとつで、少し待ち時間が長くなったとしても、その価値はあるのではないかと思います。

食事に関しては、本業がフラワーショップなので、それほど期待していたわけではありませんでしたが、見事に裏切られました。副業で出しているレベルのものではありません。クオリティーは高いです。チョコレートケーキは、有名どころのパティスリーにはさすがに劣るものの、それでもカカオのコクをきちんと味わえました。スモーブローは穀物の粒が見えるパンが香ばしく、スモークサーモンのしょっぱさ、リンゴの甘さがうまく対になっていて、実に美味でした。一流ホテルのアフタヌーンティーのセイボリーで出しても、遜色ない出来映えです。

見てよし、味わってよし、加えて南青山という場所もよし。三拍子そろったカフェだと思います。