ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

バリ島旅行記 vol.6 レストラン・クブへ

素晴らしきコクーン

2日目ディナー。
レストラン・クブへ行きます。
地中海料理が中心。
マンダパのメインダイニングです。
竹製の空間と淡い光が、絶妙にマッチしています。

f:id:katsushika-miyah:20170730023420j:plain

 

柱も竹。素晴らしいデザイン性です。

f:id:katsushika-miyah:20170730024429j:plain

 

奥に見えるのがコクーン席。9つあります。
われわれはどうしても座りたかったので、
チェックインの1ヵ月以上前にマンダパに
英文メールを送って、席を押さえました。
もっとも、チェックイン後の予約でも、
時間を選ばなければ座れるかもしれませんが。

f:id:katsushika-miyah:20170730023712j:plain

 

外から見たコクーン席。

f:id:katsushika-miyah:20170730023918j:plain

 

コクーンの中へ。これほど独創的な
プライベート空間、そうそうないです。
ライトアップされたアユン川が映えます。

f:id:katsushika-miyah:20170730024639j:plain

 

アユン川をアップで。川面はすぐそこ。

f:id:katsushika-miyah:20170730025020j:plain

 

さて、ここから料理。
まずアミューズ・ブーシュ(オードブル)。
3品ありました。無料です。
これはスプーンで一口。
甘酸っぱいゼリーのような食感。

f:id:katsushika-miyah:20170730025106j:plain

卵の殻を使ったムースのような料理。

f:id:katsushika-miyah:20170730030511j:plain

こちら、ちょっとキャビアが乗っています。

f:id:katsushika-miyah:20170730031837j:plain

 

ここからオーダーした料理。
まず、北海道産ホタテのマリネ。
ここまで来て北海道。
でも食べてみたかったんです。
美しい盛り付け。
ここでもキャビア。美味です。

f:id:katsushika-miyah:20170730031936j:plain

 

36か月熟成のパルミジャーノ・
レッジャーノを使ったリゾット。
チーズの深みが出ていて、素晴らしい一皿。

f:id:katsushika-miyah:20170730032156j:plain

 

ぎんだらの創作料理。
身がほろっとしていて、
ソースとよく合います。

f:id:katsushika-miyah:20170730032803j:plain

 

和牛のリブアイステーキ。
いわゆる結婚披露宴で
出てきそうな味わいでした。

f:id:katsushika-miyah:20170730032944j:plain

 

無料のプレデザート。
流木風の武骨な木に針金を刺して、
マシュマロなどのスイーツを挟んでいます。
木の上にはチョコレートやフィナンシェも。
なんという凝った作り。

f:id:katsushika-miyah:20170730034423j:plain

 

いやはや、よく食べました。
ごちそうさまでした。

 

部屋に戻りました。
インドネシア伝統のお菓子、
この日も届けられていました。
味が日替わりなので、毎日楽しめます。

f:id:katsushika-miyah:20170730034821j:plain

 

紅茶を入れて楽しみます。
部屋にあるティーバッグは、フランスの
高級紅茶ブランド「ダマン・フレール」。

f:id:katsushika-miyah:20170730035116j:plain

 

ちなみに、部屋にあるエスプレッソマシンはilly。

f:id:katsushika-miyah:20170730035548j:plain

 

ついでに冷蔵庫の中身は、こんな感じ。
冷たいおしぼり、入れてくれています。

f:id:katsushika-miyah:20170730035628j:plain

 

お疲れでした。
明日は1日、リゾート内でのんびりします。

3日目:マンダパ3ベッドルームの衝撃