ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

バリ島旅行記 vol.10 セントレジス・バリのデリとプール

グルマンデリに行ってみよう

プールへ出る前に買い出し。
昼食代わりの甘いものを
グルマンデリで探します。

f:id:katsushika-miyah:20170730190334j:plain

 

おしゃれな雰囲気は、
都会のパティスリーみたい。
イートインスペースもあります。
扱うのはチョコレート、マカロン、ケーキ、
アイスクリーム、ハンバーガーなど。
こういう店がリゾート内にあるのは
珍しいと思います。

f:id:katsushika-miyah:20170730190317j:plain

 

グルマンデリの屋外スペースには、
ビリヤード台があります。

f:id:katsushika-miyah:20170731052513j:plain

 

さて、グルマンデリの店内。 
まず、アイスクリーム。
これだけあると、さすがに迷います。

f:id:katsushika-miyah:20170730190559j:plain

 

チョコレート。
こちらも種類が豊富です。

f:id:katsushika-miyah:20170730190619j:plain

 

チョコレートは見た目にも美しい。

f:id:katsushika-miyah:20170730194904j:plain

 

カロンは5種類あります。
ケースの上段にはケーキ。

f:id:katsushika-miyah:20170730190800j:plain

 

おいしそうなケーキがいくつも並びます。

f:id:katsushika-miyah:20170730194807j:plain

 

プールに行ってみると… 

ケーキなどを買ったところで、プールに出ます。
ビーチの手前にあるプール、
ここの周辺にあるガゼボで食べます。
ウブドと違って雨は降ってないけど、
雲は厚いです。
どうも天気運がない今回の旅。

f:id:katsushika-miyah:20170730195740j:plain

 

まずはローストビーフ
挟んだチーズバーガー。
これ、本当においしいです。
グルマンデリに電子レンジが
あるので温めて食べます。

f:id:katsushika-miyah:20170730200546j:plain

 

続いてマカロン
セントレジスのリボンがおしゃれです。

f:id:katsushika-miyah:20170730200900j:plain

 

最後にチョコレートケーキ。
日本のデパ地下で勝負できるレベルです。

f:id:katsushika-miyah:20170730201423j:plain

 

ごちそうさまでした。

 

さて、ここのガゼボ
プールの水面から10段ほどの
段差を上がった先にあります。

f:id:katsushika-miyah:20170730202046j:plain

 

高台のようなところにあるので、
ビーチ方面への眺めはいいです。

f:id:katsushika-miyah:20170730220000j:plain

 

このプール、プールバーもあります。

f:id:katsushika-miyah:20170730202456j:plain

 

ただ難点も。
写真右上の建物は、レストランのカユプティ。
このガゼボ、実はカユプティの敷地にあります。
そのため、歩き回るスタッフが目に入り、
どうにも落ち着けない感じがします。
一般的にイメージするリゾートの
プールサイドとは趣が異なります。

f:id:katsushika-miyah:20170730215134j:plain

 

仰向けの人を模したビーチチェア。
プール周辺はこういう現代アート風の
造形が多く見られます。
セントレジス・バリの特徴の一つです。

f:id:katsushika-miyah:20170730222318j:plain

 

仰向けの人のブロンズ像も。

f:id:katsushika-miyah:20170730222525j:plain

 

ビーチに出てみました。
ビーチベッドの間隔は広め。
申し分ない環境です。

f:id:katsushika-miyah:20170730222812j:plain

 

ビーチは広々としていて気持ちいい。
ビーチベッドから波打ち際まで、
おおよそ40メートルはあります。

f:id:katsushika-miyah:20170730224624j:plain

 

華やかなりラグーンプール

さて、セントレジス・バリの象徴、
ラグーンプールに行ってみます。
ラグーンプールはヴィラに囲まれています。
入り口は3カ所しかありません。
案内表示はあるものの、
やや分かりづらいです。

f:id:katsushika-miyah:20170730225239j:plain

 

ラグーン内部。
水が流れ落ちる壁面と屋根、
その下には石造りのチェアとテーブル。
セントレジス・バリは本当に
アーティスティックな造形が多いです。

f:id:katsushika-miyah:20170730224744j:plain

 

ラグーンの深さは1.3メートル。
長さは150メートルほどあります。
美しく手入れされた運河のような装いです。

f:id:katsushika-miyah:20170730225625j:plain

 

ラグーン内から見たヴィラのガゼボ

f:id:katsushika-miyah:20170730225813j:plain

 

ラグーンの水は塩水ですが、
海水ほどしょっぱくありません。
海水と真水を混ぜているのか、
海水を淡水化処理しているか、
どちらかでしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170730230147j:plain

 

ラグーン中央にある小島のような場所。
ラグーンでプールサイドと
呼べそうなのはここだけ。
ただし、置かれているのは、
ガゼボ2つ、ビーチチェア4つだけです。

f:id:katsushika-miyah:20170730230335j:plain

 

ガゼボの居心地自体はいいです。
ただ、2つしかありません。
さらに、周囲はラグーンヴィラ。
ゆえに、どうも長居しづらい。
ラグーンヴィラ滞在者のための
プールといった印象です。

f:id:katsushika-miyah:20170730230511j:plain

 

だからか、利用者は少ないです。
この瞬間はゼロでした。
曇っているのを差し引いても、
ちょっと考えられないです。

f:id:katsushika-miyah:20170730230822j:plain

 

周りにはこんな面白い形状の
ベンチがあったりします。
でも人はここに集まらない。
見た目には美しく華やか、
でも使い勝手は必ずしも良くない。
そんなジレンマがラグーンには
あるように感じました。

f:id:katsushika-miyah:20170730231017j:plain


セントレジスに2つある
プールを総括しましょう。
最初に訪れたプールバーがあるプール。
ここのガゼボはカユプティのスタッフが
周りを動くので居心地がいまひとつでした。
そして、ラグーンプールは、プールサイドと
呼べるものが実質的にありません。


つまり、セントレジス・バリは、
リゾートの規模、質ともに
最高クラスにもかかわらず、
プールサイドの環境は極めて貧しい、
ということが言えると思います。

善悪はさておき、おそらく意図的に
プールサイドの概念にあらがうような
設計に挑んだのでしょう。

ここはプールサイドでのんびり
するリゾートではありません。
リラックスした時間が欲しい人は、
自分たちのヴィラで過ごすか、
ビーチに出ましょう。

 
ビーチのそばでは夜、
結婚式が行われるようです。
名前からして、オーストラリア人の
カップルでしょうか。
お幸せに。

f:id:katsushika-miyah:20170731050746j:plain

 

さて、部屋に戻って
夜食に行く準備です。

レストラン・ボネカで夜食