ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

バリ島旅行記 vol.12 バリ・コレクションへ

5日目: 豪華な朝食に舌鼓

朝食に向かいます。
会場はボネカ。

 

しかし、ここのアラカルトはすごい。
フォアグラや和牛など、
高価な食材を使った料理が
多く用意されています。

 

まずはフォアグラから。
朝からぜいたくなものです。

f:id:katsushika-miyah:20170731002231j:plain

 

和牛のテンダーロイン。
量は多くないので、朝でもいけます。

f:id:katsushika-miyah:20170731002706j:plain

 

ロブスタービスクのオムレツ。
身はあまりありません。

f:id:katsushika-miyah:20170731002908j:plain

 

アブルーガキャビア
チョウザメではなくニシンの卵)
いわゆるイミテーションキャビアでは
ありますが、味はGoodです。

f:id:katsushika-miyah:20170731003251j:plain

 

ビュッフェはこんな感じです。

f:id:katsushika-miyah:20170731003631j:plain

 

種類が豊富なチーズ。
チェダー、ゴート、ブリ―、プリモサーレなど。

f:id:katsushika-miyah:20170731003653j:plain

 

パン。

f:id:katsushika-miyah:20170731004031j:plain

 

 デザート。
真ん中の赤紫色はドラゴンフルーツです。

f:id:katsushika-miyah:20170731004053j:plain

 

アイスクリームは4種類。
スタッフが器に入れてくれます。
ここでも目を引くドラゴンフルーツの赤紫色。

f:id:katsushika-miyah:20170731004646j:plain

 

ごちそうさまでした。

 

”一軒家”のストランド・ヴィラ

休憩して、プール、ビーチに出ます。
この日も曇り気味。

f:id:katsushika-miyah:20170731005514j:plain

 

ラグーンプールに来ました。
人は見当たりません。

f:id:katsushika-miyah:20170731005619j:plain

 

ラグーンのガゼボで一休み。
すると、スタッフ登場。
水とおしぼりを持ってきてくれました。
さすがに気が利きます。

f:id:katsushika-miyah:20170731005709j:plain

 

この形状のボートは何?
スタッフが乗って漕ぎ出して行きました。
見回り用のものなのでしょうか。

f:id:katsushika-miyah:20170731011908j:plain

 

リゾート内を軽く散策してみます。
まずはトロピカルパーク。
その名の通り、植物園のような場所。
三角屋根はレストラン「デュラング」。
インドネシア料理が中心です。

f:id:katsushika-miyah:20170731051544j:plain

 

デュラングの内観。
円形で周りに壁がない特徴的な造りです。

f:id:katsushika-miyah:20170731051826j:plain

 

トロピカルパークの中。
ハンモックが吊り下げられています。

f:id:katsushika-miyah:20170731052005j:plain

 

セントレジス・バリで最上位の
客室「ストランド・ヴィラ」。
ビーチ沿いに11棟、並んでいます。
もはや完全なる家です。

f:id:katsushika-miyah:20170731052113j:plain

 

昼食は、やっぱりグルマンデリ。
甘党の人間には、たまらない。

どのケーキを見てもおいしそう。

f:id:katsushika-miyah:20170731010045j:plain

 

パーティーサイズのケーキも。

f:id:katsushika-miyah:20170731010119j:plain

 

ナッツなどの軽食もあります。

f:id:katsushika-miyah:20170731010334j:plain

 

はちみつ、売ってます。
土産になりそうです。

f:id:katsushika-miyah:20170731011520j:plain

 

昼食として買ったのは、
チキンのチーズバーガー。
前日のローストビーフ
チーズバーガーには劣りますが、
まずまずおいしかったです。

f:id:katsushika-miyah:20170731010823j:plain

 

チョコレートケーキ。
日本と同じくらい質が高いケーキを
バリのリゾートで食べられる幸せ。

f:id:katsushika-miyah:20170731011004j:plain

 

ごちそうさまでした。

しばし、プール、ビーチでのんびり。

しかし、晴れ間があまり見られません。
なので、午後はショッピングモールの
バリ・コレクションに行くことに。

 

部屋に戻ると、そこにあったのは…。
こんなタオル作品。
ハウスキーパーが置いていったものです。
何の動物か分かりませんが、
遊び心があって面白いです。
しのびなくて、このタオルは使えませんでした。

f:id:katsushika-miyah:20170731012601j:plain

 

バリ・コレクションに向かいます。
セントレジスからシャトルバスが出ています。
無料です。
時刻表は以下の通り。
片道12分、それほど遠くないです。

f:id:katsushika-miyah:20170731012853j:plain

 

バリ・コレクション到着。
いろいろ見て回ります。

f:id:katsushika-miyah:20170731013746j:plain

 

ナイキやアディダスはバリでも人気。

f:id:katsushika-miyah:20170731013141j:plain

 

バリアートの店。
興味をひかれます。

f:id:katsushika-miyah:20170731013521j:plain

 

レストランは多くがオープンエアのつくり。

f:id:katsushika-miyah:20170731013601j:plain

 

土産物店。
アタ製品、猫の置き物、
ガネーシャの木彫りなどがずらり。

f:id:katsushika-miyah:20170731013852j:plain

 

食材を扱うスーパーも入ってます。
自炊する人はここに。

f:id:katsushika-miyah:20170731014109j:plain

 

スーパーのお菓子類売り場。
観光客向け価格なのか、
必ずしも安くはありません。

f:id:katsushika-miyah:20170731014204j:plain

 

バリ・コレクションの
親玉的存在、そごう。
衣料品から民俗工芸品まで
幅広く扱っています。
スタバが同居。
無料シャトルバスは、
そごうの裏手から出発します。

f:id:katsushika-miyah:20170731014320j:plain

 

買い物終了。
シャトルバスでセントレジスに戻ります。

カユプティ、キングコールバーへ