ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

バリ島旅行記 vol.13 カユプティ、キングコールバーへ

セントレジスの花形ダイニング

2日目のディナー。
レストラン・カユプティへ向かいます。

f:id:katsushika-miyah:20170731014806j:plain

 

ここのパン、面白い作りです。
5種類のパンがくっついて、
横長の1本のパンになっています。
それぞれの端から真ん中に向かって、
味が変わっていきます。

f:id:katsushika-miyah:20170731014859j:plain

 

無料の突き出し。
色彩が美しい。

f:id:katsushika-miyah:20170731015511j:plain

 

和牛のカルパッチョ
上に乗った梅酒ゼリーとよく合います。

f:id:katsushika-miyah:20170731015737j:plain

 

リコッタチーズと新ほうれん草のトルテッリーニ。
練り込まれたほうれん草と周りのパスタ、
バジルオイルのソースがマッチして本当に美味。

f:id:katsushika-miyah:20170731020159j:plain

 

チキンの胸肉~野生のきのこ詰め。
胸肉そのものはシンプルな味付け。
きのこの甘みが彩りを添えています。

f:id:katsushika-miyah:20170731020550j:plain

 

いやはや、おいしかったです。
ごちそうさまでした。

 

キングコールバーで味わうべきは…

部屋に戻って小休止した後、
キングコールバーに向かいます。

f:id:katsushika-miyah:20170731021355j:plain

 

セントレジスでバーと言えば、
やはりブラッディーマリー。
ウォッカベースでトマトジュースを
混ぜた有名なカクテルです。
セントレジス・ニューヨークの
バーテンダーが1934年に
完成させたことで知られています。
各国のセントレジスには、
元祖マリーをアレンジした
独自のマリーがあります。
ここバリのセントレジスには、
バリテイストのほか、
シンガポールタヒチ・ボラボラの
マリーがメニューにあります。

バリテイストではなく、
あえて元祖ニューヨークテイストを注文。
お願いしたら、作ってくれました。

f:id:katsushika-miyah:20170731021814j:plain

元祖マリー、タバスコがすごく強い。
でも、トマトジュースも主張しています。
いろんな味が口の中で暴れまわって、
驚くほど騒がしいテイストです。

 

オリーブ、ナッツなどのつまみは無料。

f:id:katsushika-miyah:20170731022457j:plain

 

青い天井がいいムードを醸し出しています。 

f:id:katsushika-miyah:20170816004321j:plain

 

ジャズボーカルの生演奏。
音楽を楽しみながら、思い出の一杯を。

f:id:katsushika-miyah:20170731022114j:plain

 

最後、酔っぱらって、満足の1日でした。
あすは最終日です。おやすみなさい。

最終日:カユマニス・ヌサドゥアへ