ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

ハワイ旅行記 vol.7 シェラトン・ワイキキへ

3日目: 部屋はパーシャルオーシャンビュー

さて、チェックアウトの日。
アウラニとお別れです。
朝、早起きしてプールサイドの
見学に出てみました。
早くから流れるプールで遊んでいる人も。 

f:id:katsushika-miyah:20170807150456j:plain

 

3本目のリストバンドを巻いてもらいました。
色違いが増えていくのがうれしい。

f:id:katsushika-miyah:20170808110215j:plain

 

アウラニ、とても楽しかったです。
ディズニーが手がけているリゾートなのに
ディズニー色を前面に押し出している
わけではないところに好感が持てます。
軸にあるのは、あくまでハワイ文化への敬意。
そこにディズニーキャラが彩りを添えている
といった印象です。
どうやったら人を楽しませられるか。
そのノウハウを知り尽くしている
ディズニーの底力が感じられます。
小さな子どもを持つ家族連れには
うってつけのリゾートでしょう。
子どもがいない方々で、ひたすら
プールサイドないしビーチで
のんびりしたいという方は、
多少の騒がしさがあることを知って
訪れるのがいいかと思います。
アウラニのメインターゲットは
あくまで子連れの家族です。
子どもの声がうるさいと感じることは
個人的には一度もありませんでしたが、
ひたすら静寂を求めるような人には
お勧めできません。
隣のフォーシーズンズがいいでしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170807151157j:plain

 

さて、チャータータクシーでワイキキへ。
ハイウェイから途中、
アロハ・スタジアムが見えます。
NFLプロボウル(オールスター戦)が
ほぼ毎年、開催されることで有名です。
所有者はハワイ州。収容50,000人。
車8,000台、バス150台分の
駐車スペースがあるとか。
さすが車社会のアメリカです。

f:id:katsushika-miyah:20170808022709j:plain

 

次なる宿泊地、
シェラトン・ワイキキに到着。

f:id:katsushika-miyah:20170808024033j:plain

 

入り口にはポケストップの案内表示。

f:id:katsushika-miyah:20170808024229j:plain

 

チェックイン手続きを終えて部屋へ。
部屋指定なしの予約でしたが、
あてがわれたのは最上階31階の
パーシャル・オーシャンビュー。
特に部屋にこだわりはありませんでしたが、
眺めがいい部屋をもらって
悪い気はしません。

f:id:katsushika-miyah:20170808024324j:plain

 

ラナイからの眺め。
ワイキキの街並みを一望できます。

f:id:katsushika-miyah:20170808110911j:plain

 

海が少しだけ見えます。
文字通りパーシャルオーシャンビュー。

f:id:katsushika-miyah:20170808111435j:plain

 

ラナイから腕をせり出して撮影。
手前のホテルはハレクラニ
プールの花びら模様がくっきり見えます。

f:id:katsushika-miyah:20170808111702j:plain

 

地上までおよそ80メートル。
ラナイの柵は低め。
近づくと怖い。
高所恐怖症の人は
足がすくむと思います。

f:id:katsushika-miyah:20170808111052j:plain

 

部屋の広さは26平方メートル。
普通のシティホテルに泊まる感覚で行けば、
広く感じられるかもしれません。
清潔感はまずまずでしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170808024552j:plain

 

クローゼット。

f:id:katsushika-miyah:20170808113151j:plain

 

ベッドサイドテーブル。
エスプレッソマシンのほか
iPadが備え付けであります。
われわれの部屋のiPad
壊れていたのか、はたまた
充電されていなかったのか、
起動しませんでした。
画面は、ほこりまみれ。
それ以上触わる気になりませんでした。
ハウスキーパーさん、いったい
どんなチェックをしているの?

f:id:katsushika-miyah:20170808112833j:plain

 

それより深刻なのは、バスルームです。
洗面台、いかにも年季を感じます。
シンクに栓はないので、
水を溜めることはできません。
水着などを手洗いされる方は要注意。

f:id:katsushika-miyah:20170808025015j:plain

 

浴槽とタイルの間の縁、
茶色い線が見えるでしょうか。
きれいなものではないので、
トリミングによる拡大はしません。
カビのような、水垢のような
汚れが付着しています。
年月を重ねる中で付着したもので、
もはや落ちない汚れなのでしょう。
こういうホテルは世の中いくらでも
ありますから、受け入れられない、
とまでは言いません。
ただ、気持ちがいいものではありません。
トイレはタンクの水がぽたぽた
落ち続けていて、音がとても気になりました。

f:id:katsushika-miyah:20170808025241j:plain

 

1,600室あるという全ての部屋がこんな
バスルームなのかは分かりません。
ただ、シェラトンという有名ブランドに
勝手に高級ホテルのイメージを重ねて
ピカピカのバスルームを想像して訪れると、
裏切られることもあるということです。
少しずつウォシュレットを導入した部屋を
増やしているということですが、
そんな小手先の策では足りないでしょう。
もっと抜本的なリノベーションを
施してもらいたいと個人的には感じました。

f:id:katsushika-miyah:20170808031044j:plain

 

アラモアナセンターへ 

ぶつくさ言っても仕方ないので、
アラモアナセンターへ出発。
Tギャラリアからワイキキトロリーの
ピンクラインで向かいます。
この2階席からの眺め、
何度乗ってもいいです。

f:id:katsushika-miyah:20170808031752j:plain

 

2016年7月にオープンしたばかりの
リッツ・カールトン・レジデンス。
高層ビルという形状、そして
コンドミニアムという形態からして、
トランプ・インターナショナルと
イメージが重なります。

f:id:katsushika-miyah:20170808032017j:plain

 

エッグスンシングスの本店。
この旅の2年前に食べに来ました。
オリジナルグッズを売っています。

f:id:katsushika-miyah:20170808032622j:plain

 

2年前に宿泊した
ヒルトン・ハワイアンビレッジ。
バスルームのきれいさは、
シェラトンよりこちらが上です。
その名の通り、村のような広さで
楽しい滞在でした。

f:id:katsushika-miyah:20170808032844j:plain

 

アラモアナセンター到着。
早速ランチへ。
全く下調べしていなかったので、
フードコートで目に付いたものを
食べました。
エビの揚げ物が入ったプレート。
味はまずまず。

f:id:katsushika-miyah:20170808033050j:plain

 

ポケ丼。ポケに外れはないです。

f:id:katsushika-miyah:20170808033215j:plain

 

特に買うものがなくても
ここはやっぱり楽しい。
ウインドウショッピングの極地
みたいな場所だと思います。

f:id:katsushika-miyah:20170808033319j:plain

 

2年前に来たときにはなかった
ブルーミングデールズ。
ニューヨークに本店を構える
高級デパートです。

f:id:katsushika-miyah:20170808033500j:plain

 

さすがにおしゃれな
ファッションアイテムが並びます。

f:id:katsushika-miyah:20170808033544j:plain

  

高級チョコレートの店、
ピエールマルコリーニ。
ここのチョコ、本当においしいですよね。
ハワイで食べなくても、銀座の店に
行けばいいので、今回はスルー。

f:id:katsushika-miyah:20170808033737j:plain

 

歩き疲れて一休み。
アイランド・ヴィンテージコーヒーへ。
やはりここではアサイボウル。

f:id:katsushika-miyah:20170808034032j:plain

 

さて、ホテルに戻って夜食に行く準備です。

f:id:katsushika-miyah:20170808112508j:plain

ウルフギャング・ステーキハウスへ