ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

ハワイ旅行記 vol.13 ザ・バスでカハラホテル & カハラモールへ

イルカに会いに行こう

ハウツリーラナイで食事を終え、
次はカハラホテルでイルカ見学、
その後、カハラモールに向かいます。

 

カハラホテルまでは、再び
ザ・バスを利用します。
路線は14番か22番。
ワイキキからニューオータニに
来る時は19番、20番も使えましたが、
ここからカハラホテルに向かうとなったら、
乗れるバスは14番か22番となります。
以下、14番の路線図です。
http://www.thebus.org/route/Maps/rm14-18-24-234-235.pdf

 

ワイキキ水族館前のバス停ではなく、
ニューオータニを出て右手へ進んだ
バス停から乗ることにします。
そのバス停から見たダイヤモンドヘッド。

f:id:katsushika-miyah:20170810012859j:plain

 

バスの中から見たダイヤモンドヘッド頂上。
手前の木が邪魔して少し見づらいですが。

f:id:katsushika-miyah:20170810014324j:plain

 

カハラホテル最寄りのバス停付近。
最寄りのバス停は、
Pueo St + Kahala Ave
です。

f:id:katsushika-miyah:20170810014455j:plain

 

バス停の場所。

 

 バスはダイヤモンドヘッドを過ぎて
そのままカハラ通りをずっと進み、
その先で左に直角に曲がって、
プエオ通りに入ります。
このカハラ通りとプエオ通りが
直角に交わるところに
カハラホテル最寄りのバス停があります。
プエオ通り方面に曲がることなく、
そのままカハラ通りを真っ直ぐ
600メートルほど進むと、
カハラホテルに着きます。

 


カハラホテルの手前にあるゴルフ場、
ワイアラエ・カントリークラブ。
高級会員制クラブで、毎年1月に
PGAツアーのソニーオープンが
開かれることで知られています。

f:id:katsushika-miyah:20170810015503j:plain

 

カハラホテルの敷地内に到着。

f:id:katsushika-miyah:20170810020136j:plain

 

カハラホテル到着。

f:id:katsushika-miyah:20170810020213j:plain

 

天井が高く、開放感あるロビーです。

f:id:katsushika-miyah:20170810020239j:plain

 

さて、イルカが飼育されているラグーンへ。
トレーナーさんたちがちょうど
トレーニングをしていました。
ラッキー。

f:id:katsushika-miyah:20170810020354j:plain

 

ナイスジャンプ。

f:id:katsushika-miyah:20170810020605j:plain

 

水面から顔を出して、
かわいらしい表情。

f:id:katsushika-miyah:20170810020741j:plain

 

イルカと触れ合おうと思ったら、
ドルフィン・クエストというプログラムに
申し込む必要がありますが、
見る分には当然タダです。

f:id:katsushika-miyah:20170810020825j:plain

 

ついでにプールサイドも見学。
さすがはオアフ島屈指の高級ホテル。
この優雅で静かな空気感は、
シェラトン・ワイキキにはないです。

f:id:katsushika-miyah:20170810020913j:plain

 

ビーチ。いやはや、落ち着いています。
人が多いワイキキビーチとは違います。

f:id:katsushika-miyah:20170810021129j:plain

 

カバナもあるんです。

f:id:katsushika-miyah:20170810021244j:plain

 

地元感いっぱいのカハラモール

さて、カハラホテルとイルカの見学を
終えたところで、次はカハラモールへ。
カハラホテルから遠くないので、
タクシーで向かいます。

10分ほどでカハラモール到着。
アラモアナセンターのような華やかさはなく、
ショッピングで訪れるようなモールです。
その分、手ごろな土産などが
見つかるかもしれません。

f:id:katsushika-miyah:20170817030541j:plain

 

お腹がすいたら、フードコートへ。

f:id:katsushika-miyah:20170810021615j:plain

 

ここには高級スーパーチェーンの
ホールフーズ・マーケットが入っています。

f:id:katsushika-miyah:20170810021909j:plain

 

店内の空気は、確かに普通のスーパーと
やや違う感じがします。

f:id:katsushika-miyah:20170817030704j:plain

 

2017年6月、ホールフーズは
アマゾンに買収されました。
その額、何と137億ドル。
1ドル110円で計算すると、
1兆5,000億円になります。

f:id:katsushika-miyah:20170810022158j:plain

 

ホールフーズのプライベートブランド
フルーツストリップを買ってみました。
フルーツストリップは、果物だけを材料に、
練ってシート状にしたお菓子です。
ストロベリー、ブルーベリー、チェリーの
3種類を試してみました。
どれも濃厚で、味が深い。
ねちねちとしていてグミのような弾力はなく、
噛み切って食べるような感じです。
初めてフルーツストリップというものを
食べましたが、とても新鮮でおいしかったです。

f:id:katsushika-miyah:20170810023003j:plain

 

ザ・バスでワイキキに戻る方法

さて、買い物を終えたところで
ホテルに戻ります。
帰りもザ・バスです。
使える路線は22番か23番。
カハラモール前のバス停から乗ります。
ただし、22番は要注意。
前のページに張り付けた路線図を
見てもらえば分かると思いますが、
回り道を走ってワイキキに向かう
ことになります。
時間的に明らかにロスします。
どちらか選ぶなら、23番にしましょう。

カハラモール前から乗るバス停の
場所にも要注意です。
キラウエア通り沿いにバス停がありますが、
どちらの車線にも22番、23番の
表示があります。
ワイキキに戻るにあたって待つべきは、
カハラモールに近い側の車線にあるバス停。
こちらのバス停は、22番、23番のほか、
14番、24番、234番、235番のバスが
止まります。対して、乗ってはならない
反対車線のバス停は22番と23番のみです。
標識を見れば路線番号が書いてあるので、
間違わないようにしましょう。

以下、赤い印が正しいバス停の場所。
右隣に見える青いマークのバス停は
シーライフパーク方面に向かう
バスが止まります。

そんなわけで、23番に乗って
シェラトンに戻ります。

ワイキキビーチの夕日