ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

フォーシーズンズ・リゾート・ボラボラ 居心地最高のカバナ タヒチ ボラボラ島 旅行記 vol.6

ラグーンでもシュノーケリング

まずは朝食。

f:id:katsushika-miyah:20170824133847j:plain

 

ココナッツがそのままストローを
刺して置いてあります。
天然のココナッツジュースを味わえます。

f:id:katsushika-miyah:20170817214936j:plain

 

ちなみにテレ・ヌイの朝食、
1人5,371XPF、日本円で約5,800円。
とても高いです。
もっとも、旅行代理店を通して申し込むと、
朝食代は込みのことが多いです。

f:id:katsushika-miyah:20170817220059j:plain

 

リゾート内には土産物の店が2つあります。
1つはギフトショップ「TAHIA」で、
もう1つはタヒチ特産の黒真珠を扱う店。
2つの店は隣り合っています。
写真はTAHIA。

f:id:katsushika-miyah:20170817230525j:plain


TAHIAの内観。
衣類のほか、キーホルダーなどの小物類、
フォーシーズンズオリジナルの
ポーチやマグカップなどがあります。

f:id:katsushika-miyah:20170827182822j:plain

 

さて、朝食後はプールサイドのカバナへ。
5棟並んでおり、無料で利用できます。

f:id:katsushika-miyah:20170817223013j:plain

 

このカバナ、とにかく広い。
だいたい6畳間と同じくらいあります。
下には柔らかいマットと
清潔なタオルが敷きつめられ、
クッションがいくつも置かれています。
これが無料。利用は早い者勝ち。
普通のリゾートなら確実に有料で、
しかもかなりの料金を請求されます。
ものすごくぜいたくな空間で、
さすがフォーシーズンズというほかありません。

f:id:katsushika-miyah:20170817223551j:plain

ちなみに、プールサイドもビーチサイドも
ビーチベッドは余っていますが、
さすがにカバナだけは早いうちに
埋まってしまいます。
メインプールの利用可能時間は
朝8時から夜8時まで。
つまり、朝8時から確保が可能ということ。
カバナでくつろぎたい、という人は、
朝8時に来れば間違いないところでしょう。

 

カバナでくつろいでいると、
スタッフが水を持ってきてくれます。
1時間くらいごとに回ってくるので、
常に冷たいものを飲めます。
とにかく最高の空間です。
われわれは気づいたら昼寝をしていました。

f:id:katsushika-miyah:20170817224617j:plain

 

さて、カバナの外へ。
メインプールのそばにはハンモック。

f:id:katsushika-miyah:20170817225935j:plain

 

ヤシの木、カバナ、プールバー、プール、
これらの形状と配置のバランスが
とても素晴らしいと感じます。
秀逸なデザインです。

f:id:katsushika-miyah:20170817230234j:plain

 

リゾート内のラグーン。
ここにもビーチベッドがあります。
さて、ここでシュノーケリングをしてみます。

f:id:katsushika-miyah:20170817230813j:plain

 

水深は浅いところは数十センチ、
深いところで3メートルくらいでしょうか。
サンゴもあって、本物の海みたいです。

f:id:katsushika-miyah:20170817231118j:plain

 

モツ・ピクニックなどオプショナルツアーに
参加できないという人も、ここで十分に
シュノーケリングを楽しめます。

f:id:katsushika-miyah:20170817231317j:plain

 

ここにもいました、ロクセンスズメダイ。

f:id:katsushika-miyah:20170817231613j:plain

 

派手な赤白のひれを持つキミオコゼも。
きれいですが、ひれの棘には毒があるので要注意。

f:id:katsushika-miyah:20170817231723j:plain

 

ラグーンから上がってリゾート内散策。
植栽の周りには謎の穴がいくつも。

f:id:katsushika-miyah:20170817233614j:plain

 

観察していたら、カニが出てきました。
巣穴のようです。

f:id:katsushika-miyah:20170817233915j:plain

 

ディナーは再びアリイ・モアナ

さて、夜食。アリイ・モアナで食べます。
フォーシーズンズ側は「要予約」と
言っていますが、この日も予約なしに
訪れて入ることができました。
ハイシーズンでない限り、大丈夫でしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170817233533j:plain

 

ブラックアンガス牛のグリル。

f:id:katsushika-miyah:20170817234822j:plain

 

マヒマヒのソテー。
マヒマヒは日本でいうところのシイラで、
ハワイでは高級魚としてレストランで
出てくることで知られています。
キャビアが乗っています。

f:id:katsushika-miyah:20170817235035j:plain

 

食後のデザート。無料です。

f:id:katsushika-miyah:20170817235429j:plain

 

ごちそうさまでした。
アリイ・モアナの料理は
1品5,000~8,000XPFくらい。
今回はエビアンハイネケンを併せて
15,600XPFでした。
決して安くないです。

f:id:katsushika-miyah:20170817235622j:plain

 

コテージに戻って、この日も
星空撮影にチャレンジ。
昼は曇っているのに、
夜は晴れているという無念。
でも、星の美しさは素晴らしい
ものがあります。

f:id:katsushika-miyah:20170818000408j:plain

 

おやすみなさい。
あすはオプショナルツアーで
ヘルメットダイブなるものに挑戦します。

ヘルメットダイブで海底散歩