ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

フォーシーズンズ・リゾート・ボラボラ さよならボラボラ島 タヒチ ボラボラ島 旅行記 vol.10

拝めましたオテマヌ山頂

さて、フォーシーズンズを
チェックアウトする日に
なってしまいました。
テレ・ヌイでの朝食も最後。

f:id:katsushika-miyah:20170818142603j:plain

 

タヒチの郷土料理
ポワソンクリュを味わってみます。
自分で具を選んで作ります。
マグロの切り身、トマト、玉ねぎなどを
あわせて、ココナッツミルクをかけると
できあがりです。

f:id:katsushika-miyah:20170818142713j:plain

 

完成したポワソンクリュ。
ココナッツミルクとマグロの出合い。
未知の味に驚きました。
特に違和感はなく、おいしかったです。

f:id:katsushika-miyah:20170818142904j:plain

 

ごちそうさまでした。
コテージに戻って入浴。
一度も浴槽を使っていなかったので
記念ということで。
美しい海を見ながら入る風呂、
本当に気持ちいいです。

f:id:katsushika-miyah:20170818143708j:plain

 

チェックアウトは正午。
空港行きのボートは午後12時半出発。
ボートに乗るまで少し時間があるので、
プールサイドへ出てみます。

ついに、最終日にして、
オテマヌ山の山頂が
きれいに見えました。

f:id:katsushika-miyah:20170819024914j:plain

 

標高727メートル。
何と言っても目を奪われるのは、
山頂から切れ落ちた垂直の絶壁。
高さ200メートルくらいあるでしょう。
刃物で断ち切ったかのような鋭さです。
神々しくて猛々しい。

f:id:katsushika-miyah:20170819025131j:plain

 

ずっと見ていても飽きません。
ボラボラ島のシンボルにして、

ボラボラを世界のどこにもない
景観の島に昇華させている宝です。
かつては活火山。ふもとの海岸線では、
赤茶色の溶岩があちらこちらで見られます。

f:id:katsushika-miyah:20170819024742j:plain

 

美しいプールサイドともお別れ。

f:id:katsushika-miyah:20170819025303j:plain

 

もっと泳ぎたかったなぁ。

f:id:katsushika-miyah:20170819025414j:plain

 

プールサイドから見たオテマヌ山。
プールの青、芝生とヤシの緑、
ビーチの白、海のターコイズブルー
パンタナスが葺かれたコテージ、
そして、そびえ立つオテマヌ山。
さまざまな色と造形が直線的に並んで、
視界に広がります。
こんな素晴らしい景観を誇るリゾートは、
世界的にも稀なのではないかと感じます。
はるばるボラボラまで来てよかったと、
心から感じました。

f:id:katsushika-miyah:20170819025538j:plain

 

ファレ・ホア・ビーチバー。
一度くらいここに座って
酒を飲んでもよかったかな。

f:id:katsushika-miyah:20170819023431j:plain

 

ビーチベッド側から見た
ファレ・ホア・ビーチバー。

f:id:katsushika-miyah:20170819025921j:plain

ファレ・ホア・ビーチバーの周りには
テーブルがいっぱい並べられています。
ヤシの木陰で、のんびりお酒を
飲むのもいいかもしれません。

f:id:katsushika-miyah:20170819023817j:plain

 

さて、水上コテージともお別れ。
プランジプール、広くはないですけど、
存分に使わせてもらいました。

f:id:katsushika-miyah:20170819030043j:plain

 

 4泊させてもらった水上コテージ外観。

f:id:katsushika-miyah:20170819032208j:plain

 

フォーシーズンズ・ボラボラ、
最高のリゾートでした。
ホスピタリティに優れているのは
言うまでもありませんが、
ここの最大の長所は、その美しさです。
これに尽きます。
海がきれいなだけのリゾートなら
世界にほかにもあると思います。
しかし、堡礁(ほしょう)という
環状のサンゴ礁に囲まれたボラボラ島
ようなリゾート地は多くないでしょう。
島の中心にどっしりオテマヌ山がそびえ、
海と一体となって生み出される景観は、
至高の美そのものです。
その自然の美しさを存分に生かして
設計されたフォーシーズンズ・ボラボラ。
素晴らしいとしか言いようがありません。

f:id:katsushika-miyah:20170819034421j:plain

 

帰りのボートに乗り込みます。

f:id:katsushika-miyah:20170819035505j:plain

 

さようなら、フォーシーズンズ。

f:id:katsushika-miyah:20170819035821j:plain

 

乗り合いだった行きと違って
帰りは貸し切り状態。

f:id:katsushika-miyah:20170819035953j:plain

 

ボラボラ空港到着。

f:id:katsushika-miyah:20170819040649j:plain

 

ボラボラ空港から見たオテマヌ山(真ん中)。
その表情はフォーシーズンズからの
ものとまったく違います。
こちらから見ると、薄くて四角い岩の壁が
緑の山体に上から突き刺さっているようにも
見えます。
オテマヌ山の右手には、
島で2番目に高いパヒア山(661メートル)、
その隣に3番目のフエ山(619メートル)の
頂きも見えます。

f:id:katsushika-miyah:20170819040556j:plain

 

記念撮影に使えそうな標識も。

f:id:katsushika-miyah:20170819040734j:plain

 

落ちていたヤシの実を手にパシャリ。

f:id:katsushika-miyah:20170819041032j:plain

 

空港内にはボラボラならぬ
ポラポラ(PORA PORA)コーヒーショップ
という店があります。

f:id:katsushika-miyah:20170819041242j:plain

 

空港内には土産店が2店あります。
リゾート内で買うより、おそらく
安いと思います。
何か土産になりそうなものを
探してみる価値はあると思います。

f:id:katsushika-miyah:20170819041504j:plain

 

ボラボラ空港ターミナル。

f:id:katsushika-miyah:20170819041722j:plain

 

タヒチ島に向かう飛行機です。
乗り込みます。

f:id:katsushika-miyah:20170819041817j:plain

 

滑走路には軍用機も。
タヒチはフランス領。
駐屯しているのは、もちろん仏軍です。

f:id:katsushika-miyah:20170819041913j:plain

 

さらばボラボラ島
プロペラ機から見た島。

f:id:katsushika-miyah:20170819042323j:plain

 

機内から見たセントレジス(手前)。
奥に見えているのはメリディアンと
インターコンチネンタル・タラソ。
フォーシーズンズは航路がちょうど
真上だったのか、見ることはできませんでした。

f:id:katsushika-miyah:20170819042511j:plain

 

タヒチ島のファアア国際空港到着。
行きは直行便だったので50分程度でしたが、
帰りはフアヒネ島、ライアテア島を経由する
便だったので1時間40分ほどかかりました。

f:id:katsushika-miyah:20170819042929j:plain

 

さて、いよいよ旅も終盤。
インターコンチネンタル・タヒチ
チェックインします。
夜はダンスショーを観賞します。

ナンバーワンのダンスショー