ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

帝国ホテル東京でアフタヌーンティー 透ける伝統と革新

歴史の舞台を思いながら

帝国ホテル東京に
アフタヌーンティーへ出かけます。
豪華な外資系ホテルは素晴らしいけど、
伝統ある日本の御三家もいいはず。
負けないようにがんばってほしい。
そんな思いで向かいました。
 

17階、インペリアルラウンジアクア。
案内された席から見える景色。
目の前にそびえるのは、NBF日比谷ビル。
明治時代に外国の高官らをもてなした
社交場「鹿鳴館」があった場所です。
そもそも帝国ホテルは、鹿鳴館とともに
外交の拠点となるよう、渋沢栄一らによって
設立された経緯があります。
鹿鳴館とは切れない縁があるのです。
その鹿鳴館は1940年に取り壊され、現在では
鹿鳴館跡」のプレートが残るのみです。

f:id:katsushika-miyah:20170905134358j:plain

 

日比谷公園が窓外に広がります。
公園内の茶色い建物は日比谷公会堂市政会館
日比谷公会堂と言えば、1960年、
社会党委員長の浅沼稲次郎が演説中に壇上で、
17歳の少年に刺殺された事件が起きた場所です。
犯行の瞬間を撮った毎日新聞社のカメラマンは、
日本人初のピューリッツァー賞を受賞しました。
事件を追った著書として、沢木耕太郎
「テロルの決算」が有名です。
かまぼこ型の屋根を持つ建物は、
日本プレスセンタービル。
ドラマ「半沢直樹」で「伊勢島ホテル」として
登場したビルです。

f:id:katsushika-miyah:20170905135702j:plain

話が脱線しました。
われわれは「窓側指定なし」の予約で
アフタヌーンティーにやってきました。
その際に案内された席がここで、窓から見える
景色は方角的に南(内幸町、新橋方面)です。
窓側指定なしの予約だと、窓に面していない席か、
窓側であっても南向きの席になるケースが
多いようです。
なぜ指定なしで南向きがあてがわれるかというと、
スタッフいわく、北向きの方が景観がいいから、
だそうです。

というわけで、北向きはどんな景色か
というと、こんな感じです。
手前に日比谷公園、その先に皇居とビル群。
緑あふれる景観を楽しめます。
確かに、こちらの方が圧倒的にいいです。

f:id:katsushika-miyah:20170905143747j:plain

ただし、窓側指定の予約には問題もあります。
座っていられるのが2時間になってしまいます。
窓側指定でなければ、時間制限はありません。
時間を気にせず楽しむティータイムを取るか、
はたまた2時間限定で素晴らしい景観を取るか、
きちんと決めて予約しましょう。
 

さて、訪れた日は9月2日。
帝国ホテルでは2017年9月1日~30日、
英国フェアなるものを開催しており、
アフタヌーンティーも特別仕様に
なっていました。

公式HPを見てみると、エリザベス女王
生誕90年を祝して開催するとのこと。
さる1975年、女王が来日された際、
宿泊先だった赤坂迎賓館での接遇を
帝国ホテルが担当したらしく、
その縁あってフェアに至ったらしいです。

なるほど、ではそれを踏まえた上で
アフタヌーンティーを楽しみましょう。

メニューです。値段は消費税込みで4,860円。
これにサービス料10%が加わり計5,346円。

f:id:katsushika-miyah:20170905145339j:plain

 

以下は飲み物のメニュー。

f:id:katsushika-miyah:20170905150302j:plain

f:id:katsushika-miyah:20170905150547j:plain

f:id:katsushika-miyah:20170905150626j:plain

f:id:katsushika-miyah:20170905150752j:plain

f:id:katsushika-miyah:20170905150819j:plain

 

ラウンジの雰囲気。左側の棚には
ウイスキーなどの取り置きボトルが
ずらりと並んでいます。

f:id:katsushika-miyah:20170905152249j:plain

 

「IMPERIAL HOTEL」のお手拭き。

f:id:katsushika-miyah:20170905153416j:plain

 

さて、料理が運ばれてきました。
まずはこの2品。
チェダーチーズとサラミのピンチョス(左)、
スティルトンブロッコリーのスープ。
チーズとサラミの適度なしょっぱさと
甘いスープがよく合います。

f:id:katsushika-miyah:20170905152415j:plain

 

来ました3段トレー。

f:id:katsushika-miyah:20170905153538j:plain

 

一段目のトレー。
手前から時計回りに、
アップルクランブル、コーディアルゼリー、
カロンフランボワ、カップケーキ。
この中では、カップケーキがよかった。
見た目ぱさぱさしてそうなのに、
しっとりとしていて、それでいて
ベタついた感じもない。
上に載せられた生クリームとの相性もよく、
おいしくいただけました。

f:id:katsushika-miyah:20170905165841j:plain

 

アップルクランブルに載ったチョコには
「IMPERIAL HOTEL」の文字。

f:id:katsushika-miyah:20170905171536j:plain

 

真ん中を飛ばして下の段。
サンドウィッチが3種類。
左から卵と胡瓜・ミント風味、
トマトブレッドのシュリンプ、
コロネーションチキン。
コロネーションチキンはカレーパウダーが
使われており、個人的には初体験だったので、
とても新鮮な感じがしました。
右側の細長い一品は、
スコティッシュスモークサーモンのタルティーヌ。
タルティーヌはフランス式の
オープンサンドウィッチのこと。
「英国フェア」だけど、フランス式。
でも、サーモンとオリーブが薄切りのパンと
よく合っていておいしかったです。

f:id:katsushika-miyah:20170905172319j:plain

 

そして、2段目です。ここが面白い。
鱈のフィッシュ&チップス
モルトヴィネガーとタルタルソース添え。

いやはや、イギリスと言えば確かに
フィッシュ&チップスで、異論はありません。
しかし、アフタヌーンティーという女子が多く
群がるものに対して、こういう揚げ物を
よく持ってきたなと。その勇気に恐れ入りました。
日本人的な感覚では、鱈の揚げ物は夜食のおかず。
いくらおいしくても、多くの女子がこういう
場で求めるのは、やはりスイーツ系でしょう。
それを分かっていながら、あえてぶつける気概
たるや、なかなかできるものではないでしょう。

そもそも、アフタヌーンティーは英国発祥です。
そこにあえてフィッシュ&チップスで英国を
強調しなくてもいいのでは、と
個人的には思いました。
おいしかったのは間違いないので、
不満というわけではありません。
ただ、すごく驚きました。

写真奥に見える一品は、コーニッシュパスティ。
イギリス南西部、コーンウォール地方の
伝統的な食べ物です。
薄いパイ生地に牛肉などを載せ、
端っこに折り目を付けて包み込む。
餃子を作るような感覚でしょうか。
牛肉の甘みがパイ生地とマッチして
なかなか美味な一品でした。

f:id:katsushika-miyah:20170905173226j:plain

 

3段トレーと別で、レーズンスコーンと
プレーンスコーンがきます。

f:id:katsushika-miyah:20170905175333j:plain

 

ストロベリージャムとクロテッドクリーム
このクロテッドクリームがおいしいこと。
スコーンによく合います。

f:id:katsushika-miyah:20170905175440j:plain

 

紅茶、コーヒーは飲み放題。
われわれは、ダージリンやタンドレス、
ホワイトアプリコットなどを注文しました。
カップはノリタケ製。

f:id:katsushika-miyah:20170905175621j:plain

 

最後に運ばれてきたのは、
ビターチョコレート、
ヘーゼルナッツ、ピスタチオ。
ピスタチオはよくマカロンやアイスクリームで
口にしていましたが、豆そのもので
食べたのは個人的には初めてでした。

f:id:katsushika-miyah:20170905175840j:plain

 

ごちそうさまでした。
帝国ホテルのアフタヌーンティー、
楽しめました。
帝国ホテルといえば、やはり日本を
代表するホテルの1つ。
ホテルの居住まい、ラウンジの雰囲気に
重ねた時の重みを感じます。
冒険心あふれるホテルではなく、
どちらかと言えば保守的な世界に属すると
先入観を持って見られがちかと思います。
ところがどっこい、今回の英国フェア。
フィッシュ&チップスを3段トレーの
2段目に入れてくるという大胆さ。
並のホテルではできないでしょう。

そんなことを思いながら、帝国ホテルの
HPを見ていると、こんなキャッチフレーズを
見つけました。
「伝統は常に革新とともにありました」
いわく、帝国ホテルは日本で最初に
ホテルでランドリーサービスを始め、
日本で最初にホテルウェディングを始め、
日本にバイキングスタイルの食事を広め、
日本のホテルで初の不動産事業に乗り出し、
日本のホテルで初めて週休2日制を
取り入れたのだそうです。
だから「革新」。
なるほど、そういうホテルであれば、
フィッシュ&チップスをトレーに
載せるくらい、訳ないことかもしれません。
今回のアフタヌーンティーを通じて、
帝国ホテルへのイメージが変わりました。