ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

ラデュレ銀座 お得なアフタヌーンティー

傑作 プレジール・シュクレ

ラデュレ銀座にアフタヌーンティーに
出かけます。

ラデュレの店舗は、銀座、日本橋、新宿、
横浜、そして羽田空港にありますが、
喫茶スペース(サロン・ド・テ)を
備えているのは銀座だけです。

というわけで、アフタヌーンティーという
形式を楽しみたい場合は必然的に、
銀座店が入る銀座三越に出向くことになります。

 

アフタヌーンティーのメニューです。

f:id:katsushika-miyah:20170904045739j:plain

ご覧のように、値段は税込み3,564円。
税抜きで言うと、1人3,300円。

・マカロン2点
・パティスリー(いわゆるケーキ)1点
・サンドウィッチ2つ
・オレンジ、またはグレープフルーツの
 ジュースいずれか1点
・コーヒー、紅茶などの飲み物1点
 (いずれも飲み放題ではありません)
という構成です。
カロンとケーキは、もちろん自分で選べます。
サンドウィッチは事前に決まっています。

 

さっそく来ました。
一番上にマカロン
2段目にサンドウィッチ、
下の段にパティスリー。
メニューに書かれていませんが、
フィナンシェとメレンゲも付いています。

f:id:katsushika-miyah:20170904050453j:plain

 

座ったのは窓側の席。
日本で最も地価の高い銀座4丁目を
見ながらのティータイム。
なんとも優雅なものです。

f:id:katsushika-miyah:20170904050902j:plain

 

カロン
手前から時計回りに、シトロン、
ピスタッシュ、キャラメル、ローズ。
しっとりとした生地に、しっかりとした
甘みが特徴的なガナッシュ(クリーム)。
これぞマカロンという正統の味です。
歴史をひも解くと、2つの生地にガナッシュ
挟むこの形を始めたのは、何を隠そう
ラデュレだと言われています。

f:id:katsushika-miyah:20170904051503j:plain

 

サンドウィッチは2種類。
ツナとエメンタールチーズ。
エメンタールチーズはスイス発祥で、
「チーズの王様」とも称されます。
サンドウィッチの完成度という意味では、
割と普通でしょうか。
ただ、エメンタールチーズのサンドウィッチは
コンビニなどに置いているものではないので、
一度味わってみるのもいいと思います。

f:id:katsushika-miyah:20170904051904j:plain

 

トレーの下の段。

f:id:katsushika-miyah:20170904134344j:plain

 

ケーキはケースを見て、事前に
決めておきましょう。

f:id:katsushika-miyah:20170904142244j:plain

 

ケーキその1。
フルール・ノワール
フランス語で「黒い花」の意味。
いわゆるチョコレートのドームケーキ。
チョコでかたどった花びらが4枚、
美しくあしらわれています。
とても濃厚なカカオを味わえます。

f:id:katsushika-miyah:20170904134651j:plain

 

ケーキその2。
プレジール・シュクレ。
フランス語で直訳すると、「砂糖の楽しみ」。
このケーキ、個人的には今まで食べたものの
中で、ベストオブベストです。
こんなにおいしいチョコレートケーキが
この世に存在するのかと、うならされました。
ラデュレに来るたび、毎度必ず注文します。

f:id:katsushika-miyah:20170904135145j:plain

 

断面を見てみましょう。
さまざまなチョコレートが
積み重なってできあがっているのが
分かるかと思います。

f:id:katsushika-miyah:20170904140226j:plain

公式HPによると、
ヘーゼルナッツのダックワーズ、
プラリネクリスピー、ミルクチョコレート、
ミルクチョコレートのガナッシュ
ミルクチョコのクレームシャンティで
作られているケーキだそうです。
ガナッシュやクレームシャンティなど、
違う素材がまざり合いながら、
ミルクチョコの柔らかな甘みが
口の中いっぱいに広がります。
そして、土台部分にあるヘーゼルナッツの
シャリっとした食感が全体のアクセントに
なっています。
いろいろな味が重層的に広がっている
はずなのに、全体として、驚くほど
一貫したハーモニーが感じられます。
それは、洗練された音の連なりで、
1つの曲を奏でる熟練の管弦楽
聴くような味わいかもしれません。
とにかく、おいしいの一言。
正真正銘の傑作と言っていいと思います。
 

お値段以上 !?

さて、ラデュレアフタヌーンティー。
3,564円という値段について考えてみましょう。
ラデュレサロン・ド・テで単品で
注文すると、多くのドリンクが
1,000円を超えます。
たとえば、ブレンドコーヒーは、
1杯1,026円です。
つまり、ジュースと合わせると、
ドリンクだけで2,000円くらいの勘定になります。

さらに、ラデュレアフタヌーンティーでは、
ショコラショーを注文できます。
単品だと1,620円。
ショコラショーは高価なため、
よそのアフタヌーンティーでは
注文できても、別料金を取られる
ケースがあります。
しかし、ラデュレに関しては大丈夫。
つまり、ショコラショーとジュースだけで、
2,500円くらいの価値があるということです。

ケーキの値段は多くが800~1000円の範囲。
カロンは1つ300円くらいです。
つまり、ケーキとマカロン2つで、
計1500円くらいになります。

というわけで、ドリンク、ケーキ、
カロン2つの合計で言うと、
コーヒーの場合で約3,500円、
ショコラショーとなると4,000円を超えます。
これだけで元が取れます。
なんとすばらしい。

アフタヌーンティーにはさらに、
サンドウィッチとフィナンシェ、
メレンゲが付いてきます。

つまり、どんなドリンクやケーキを注文しても、
ラデュレアフタヌーンティーは間違いなく
勘定的にお得になるのです。


銀座の真ん中で、おいしいケーキを
のんびり味わいたい人にとって、
ラデュレアフタヌーンティーは
最高の選択肢の1つと言っていいでしょう。