ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

ハワイ旅行記 vol.8 シェラトン・ワイキキの酷いホスピタリティ

夜はウルフギャングへ

ディナーはやっぱり外せません、
ウルフギャング・ステーキハウス
ハワイに来るたびに一度は
訪れるようにしています。

シェラトン・ワイキキ内を
撮影しながら向かいます。


シェラトン31階の廊下。
左側はパーシャルオーシャンビューの部屋。
右側はエグゼクティブ・スイート。
ドアの作りが違います。
高い部屋は高級感があります。

f:id:katsushika-miyah:20170808114333j:plain

 

エレベーターホール。
10基のエレベーターが並びます。

f:id:katsushika-miyah:20170808115152j:plain

 

ほぼ各階に止まるので、
エレベーターのボタンは
こんなに多い。

f:id:katsushika-miyah:20170808115317j:plain

 

ロビー。日本人コンシェルジュ
時間帯によって、いたり、いなかったり。
仮にその場にいなくても、頼めば
電話で繋いでもらえます。

f:id:katsushika-miyah:20170808115520j:plain

 

ウルフギャングが入る
ロイヤルハワイアンセンター。
シェラトンの目の前にあります。

f:id:katsushika-miyah:20170808125939j:plain

 

ウルフギャング・ステーキハウス到着。

f:id:katsushika-miyah:20170808130118j:plain

 

いつも混みあっています。
予約は必須でしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170808130233j:plain

 

メニュー。
ステーキ以外の料理もあります。

f:id:katsushika-miyah:20170808130350j:plain

 

2名用ステーキとサラダ。
これに付いてくるパンがあれば、
小食のわれわれには十分。

f:id:katsushika-miyah:20170808130610j:plain

 

ステーキ用に
オリジナルソースもあります。

f:id:katsushika-miyah:20170808130705j:plain

 

ごちそうさまでした。
何度来ても満足の味。
肉そのものの甘みと塩加減、
そのバランスが絶妙です。

食後、ワイキキ界隈を散歩。
インターナショナルマーケットプレイスへ。
周辺の再開発で誕生し、オープンは2016年。
ロイヤルハワイアンセンター側から見て、
カラカウア通りを挟んだ反対にあります。
サックス・フィフス・アベニューという
デパートが入居するほか、約70の店があります。

f:id:katsushika-miyah:20170808131021j:plain

 

敷地内にあるバニヤンツリー。
樹齢100年を数えるとか。
ハワイでよく目にする樹木ですが、
これほど大きいものはなかなか
見ない気がします。
再開発後も切られることなく、
そのまま景観に生かされています。

f:id:katsushika-miyah:20170808131617j:plain

 

夜のモアナ・サーフライダー。
「貴婦人」の名にふさわしい
優雅さをたたえています。

f:id:katsushika-miyah:20170808132011j:plain

 

部屋に到着。
ラナイから見た夜景。

f:id:katsushika-miyah:20170808132143j:plain

 

断水はお詫びの必要なし?

さて、この日の夜、
ちょっとした事件がありました。
午前0時を回ったころ、部屋の水が
突然止まりました。
断水です。
運悪く、妻は風呂に入っていて泡まみれ。
どうしたものか途方に暮れていたら、
ふと部屋の入り口付近、
床に置いてあった1枚の紙が目に入りました。
これが文面です。

f:id:katsushika-miyah:20170811142859j:plain

午前0時から6時まで水道メンテナンスのため、
断水すると書かれているではありませんか。
こんな紙、見てないよ。
だから、知らなかったよ。
そんな中で風呂を利用していた点について、
非がないとは言いません。
こちらにも落ち度はあるでしょう。
しかし、われわれはこの日、
チェックインしています。
せめてチェックイン手続き中に
この文面を渡されていれば、
断水する時間帯に風呂を利用することは
なかったはずです。
文面が手元になかったとしても、
スタッフは口頭で断水に関する説明なり、
お詫びなりはできたはずです。
それが一切なし。
紙を部屋にまいて、おしまい。
勝手に読んでおけ、時間になったら
水が止まるから注意しろよと。
こんないい加減なことをしながら、
それなりの宿泊料を取るホテルが
あっていいものでしょうか。
あまりにも対応がお粗末、
客への配慮がなさ過ぎます。
泡を洗い落とせなくなった妻の状況を
日本人スタッフに電話で伝えると、
断水していない空き部屋まで行って、
そこの風呂を使ってくれと言われました。
お詫びの言葉は一切なし。
別の部屋の風呂を使わせてやるだけ
ありがたく思え、全ての責任はお前たちにある、
と言わんばかりの冷たい口ぶりでした。
シェラトンって、どこもこんなレベルですか?
シェラトンは所詮シェラトンで、
ご近所の姉妹ホテル、ウェスティン
ラグジュアリーコレクションのような
高いホスピタリティを求めても
無駄ということですか?
それとも、シェラトン・ワイキキが
とんでもなく酷いだけですか?

そんなわけで不快な思いを
させられた夜でした。
おやすみなさい。
明日はモアナ・サーフライダーへ
アフタヌーンティーに行きます。

モアナ・サーフライダーでアフタヌーンティー