ブログ 書く書く しかじか

旅行記、食べ歩き、スポーツ、書評などなど、赴くままに。

ハワイ旅行記 vol.5 キャラクター・ブレックファストについて

2日目: ミッキーと写真を撮りたかったら…

朝食です。
アウラニに来たら、やはり
レストラン・マカヒキでの
キャラクター・ブレックファストを
考えないわけにはいかないでしょう。
実際に行くにせよ、行かないにせよ、
誰しも検討はしてみると思います。
1人37ドル。
朝食で払う金額としては正直高いです。
ただ、ここまで来てケチるのも…と
思ってしまう自分もいるわけです。
結局われわれは、行くことにしました。


受け付けを済ませると、
まずはミッキーとの記念撮影。
専属スタッフがいるので、
カメラを渡せば、撮ってくれます。
プールサイドにもミッキーは現れますが、
場所と時間は決まっていません。
確実にこうした写真を撮りたかったら、
キャラブレに申し込むしかないでしょう。

f:id:katsushika-miyah:20170807023901j:plain

 

さて、撮影を終えたら朝食です。
ビュッフェ形式。
料理の品数はまずまず。

f:id:katsushika-miyah:20170807024151j:plain

 

肉系の料理もいくつかあります。

f:id:katsushika-miyah:20170807024257j:plain

 

豊富なデザート類。

f:id:katsushika-miyah:20170807024559j:plain

 

デザートは容器に入っているので、
手にとって持ってきやすいです。

f:id:katsushika-miyah:20170807024633j:plain

 

ミッキーの顔をかたどった
ワッフルがあります。

f:id:katsushika-miyah:20170807024742j:plain

 

イルカを模したバナナも。

f:id:katsushika-miyah:20170807024812j:plain

 

いただきます。

f:id:katsushika-miyah:20170807024916j:plain

 

それぞれのテーブルを回るプルート。
一緒に付いているスタッフに
写真を撮ってもらえます。

f:id:katsushika-miyah:20170807025132j:plain

 

ミニーと一緒にカスタネットのような
打楽器をたたく子ども向けの
ワークショップみたいなのもあります。
歌はその場でスタッフが歌っていました。
参加した子どもたちは楽しそうでした。

f:id:katsushika-miyah:20170807025601j:plain

 

そのミニーもテーブルを巡回。
記念撮影だらけです。

f:id:katsushika-miyah:20170807030013j:plain

 

ごちそうさまでした。
キャラブレ、なかなか楽しかったです。
2回目は不要かなと思いますが、
1度は体験するのがいいかなと感じました。
こちらは、マカヒキの外観。

f:id:katsushika-miyah:20170807031019j:plain

 

ビーチチェア、確保は何時から?

さて、朝食を終えて
プールサイドに出ました。
ビーチチェアは埋まっていないように見えて
実はほとんどタオルがかけられています。
希望するエリアでビーチチェアを
確保したかったら、行動が必要です。
席の確保は朝8時から認められています。
それ以前にビーチチェアに置いたものは
撤去するという警告看板が出されているので、
ルールはおおむね宿泊者の間で守られています。
よって、ビーチチェアを確実に
抑えたかったら、8時から動かねばなりません。
まずビーチチェアの確保、その後に朝食。
こういう流れが自然かと思います。
ちなみに、ビーチの方は割と人が
少ないので、こちらが目当てでしたら
焦る必要はないかと思われます。

f:id:katsushika-miyah:20170816012854j:plain

 

プールサイドでシェイブアイス。
強い日差しを浴びながら食べる
かき氷は最高です。

f:id:katsushika-miyah:20170807032928j:plain

 

プールサイドから見た海。
太陽がまぶしいです。

f:id:katsushika-miyah:20170807041911j:plain

 

プール側から見たビーチ。
アウラニの三角旗が
いい味出しています。

f:id:katsushika-miyah:20170807033128j:plain

 

アリです! レインボー・リーフ

プールサイドでのんびり、軽く昼寝。
ちょっと気分転換を兼ねて
レインボー・リーフに行ってみることにします。
いわゆる人工の海で、大きな水槽のような場所。
シュノーケリングができます。
シュノーケリングをしなくても、周囲に
設けられた窓から魚を見ることはできます。

f:id:katsushika-miyah:20170807035755j:plain

 

のぞき窓の横には、飼育している
魚の種類を説明するパネルがあります。

f:id:katsushika-miyah:20170807035922j:plain

 

ミッキーの顔を模した輪っかは、
エサを入れた籠にくっつけられているので、
この周りには魚が多く集まってきます。

f:id:katsushika-miyah:20170807040030j:plain

 

ここでライフジャケットと
シュノーケルセットを借りられます。
大人1回20ドル、滞在中の無制限利用で39ドル。
子どもは1回15ドル、無制限で29ドル。

f:id:katsushika-miyah:20170816013116j:plain

 

では、行ってきます。

f:id:katsushika-miyah:20170807042614j:plain

 

岩場のつくりとか、本物の海っぽいです。

f:id:katsushika-miyah:20170807040627j:plain

 

底には面白い顔の石像も。

f:id:katsushika-miyah:20170807040725j:plain

 

広さ350平方メートル。
飼育されている魚は、飼育員さんいわく、
42種で1,100匹だそうです。

f:id:katsushika-miyah:20170807040838j:plain

 

最も深いところで3メートルくらいでしょうか。

f:id:katsushika-miyah:20170807041445j:plain

 

群れで泳ぐクロハギ。

f:id:katsushika-miyah:20170807041114j:plain

 

エサに群がる魚たち。
縦に黒い線が入っている
魚はシマハギです。

f:id:katsushika-miyah:20170807041212j:plain

 

エサのそばにいると、目の前が
魚だらけになります。
写真下の黄色い魚は
ミレットシードバタフライフィッシュ。

f:id:katsushika-miyah:20170807041310j:plain

 

黄色い魚は、キイロハギ。
赤色の魚はアカマツカサ。

f:id:katsushika-miyah:20170807041616j:plain

 

動画です。

 

水面に顔を出してみると、こんな光景。

f:id:katsushika-miyah:20170807041744j:plain

 

いやはや、よくできた
人工の海でした。
これだけ密度の濃い魚の世界を
体験できるなら、20ドルは
高くないような気がします。

 

さて、昼食の時間です。
ウル・カフェで軽食を買います。

f:id:katsushika-miyah:20170807042718j:plain


ベーグルとターキーラップ。
正直、イマイチ。
特にターキーラップ。
ごめんなさい、
完食できませんでした。
9ドルもするのに…。
どうもアメリカという国は
こういう軽食を作るのは
上手くないですよね。

f:id:katsushika-miyah:20170807042256j:plain

 

ともあれ食事を終えたところで、
ビーチに出てみます。
快晴。多くの人が海に入っています。

f:id:katsushika-miyah:20170807043303j:plain

 

ビーチは人が少なくて、落ち着きます。

f:id:katsushika-miyah:20170807043627j:plain

 

さて、部屋に帰ってコーヒーでも。

f:id:katsushika-miyah:20170807043709j:plain

 

ラナイのチェアでいただきます。
12階からの眺め。
コオリナ・ステーション&センターが
道を挟んだ先にあります。

f:id:katsushika-miyah:20170807043740j:plain

 

さて、今晩の食事はその
オリナステーション&センターに
出向くことにします。

コオリナステーション&センターへ